医療業界の導入事例

【ロボットベンチャー/スタートアップ企業】Kiluckの特徴

[toc heading_levels=”2,3,4″]

Kiluckの概要

Kiluckの概要を整理します。

会社概要

  • 会社名:機楽株式会社 (http://www.kiluck.co.jp)
  • 事業内容:電子機器・雑貨・日用品の企画製造 / プロダクトデザイン受託 / 機械設計受託
    / 電気設計受託 / 試作や製造に関するコンサルティング
  • 代表取締役:石渡 昌太
  • 所在地:〒201-0005 東京都狛江市岩戸南3-3-3

資金調達

  • 調査中

プロダクト

プロダクトについて整理します。

Rapiro(ラピロ)

RAPIROはかわいくて、手頃な価格の、組み立てやすい人型ロボットキットです。12個のサーボモータ(12関節)とその制御基板(Arduino互換)を付属します。 いま話題のRaspberry Pi(ラズベリー・パイ)とそのカメラモジュールが組み込めるように設計されています。

Tailly(タイリー)

Taillyはベルト内側のセンサによって心拍数を計測し、ドキドキして心拍数が上がるとしっぽがパタパタ揺れます。 Taillyをつけて友人や子供たちと遊んだり、パーティーで使ったりして楽しむことができます。

Necomimi(ネコミミ)

Necomimiは、装着したひとの脳波を読み取り、その人が集中していれば耳がピンと立ち、リラックスしていれば耳が寝た状態になる。